メニュー

現役社員インタビュー:上沢(技術課) - 丸善食品工業 採用サイト

インタビュー

大切なのはチームワークとコミュニケーション

丸善食品工業に入社した理由を教えてください

大学では農学を勉強していた事もあり、食に携われるような仕事がしたいと思っていました。
就職活動中、自炊のお供としてよく食べていたなめ茸を作っているのが丸善食品工業だと知り、暮らしに欠かせない食品や飲料の製造を通して地域や様々な人々に貢献したいと思い入社しました。

当社の第一印象はどうでしたか?

第一印象はチームワークの強さでした。食を扱う会社という事もあり、小さなミスが大きな事故に繋がりかねません。新製品の立上げでも様々なリスクをいかに回避して安定的な生産に繋げられるかを技術課内で相談したり、生産部と工程一つ一つを綿密に打ち合せをしたりする中で、チームワークの強さを感じました。

現在の仕事内容を教えてください

技術課では、飲料の工程設計や新工場の立上げなど会社の業績に直結する仕事をしています。基本的にはデスクワークですが、自分が携わる製品の試作や立上げでは実際の生産に立会う事もあります。忙しい部署ですが、チームワークは抜群だと思います。また、飲料業界各社と直接やり取りする部署になるので、各社の商品開発担当者との関わりがあります。ブランド毎のこだわりが聞けたりするので普段何気なく飲んでいる飲料も見方が変わって面白いと思います。そして何より、自分自身が携わった商品がお店に並ぶときはとてもわくわくします。

仕事風景

仕事で辛かったこと、大変だったことは何ですか?

製品の工程を設計する中でどうしても机上では分からない様な問題にぶつかることがあります。机上でシュミレーションしても、実際に工場で試作したら全く違う結果になってしまった時は辛かったです。

どのようにそれを乗り越えましたか?

とにかく生産現場とのコミュニケーションでした。自分が作った工程表を見て生産に落とし込んでくれるのは生産部の方達なので、生産部がやりやすい様に工程設計を組むことがベストです。新製品の立上げでも生産に立ち会って現場の声を聞くことで自分では気付けなかった点に気付く事が出来たりもします。工程表を作成する中で先輩に相談したり、生産部に確認するなど、とにかくコミュニケーションが大事になると思います。

今後挑戦してみたいことはありますか?

今は自分自身まだまだ学ぶ事ばかりなので、とにかく多くのことを吸収して一人前になりたいです。多くの新製品に携わって自分が関わった製品がお店などで沢山並んでいるのを見たいと思っています。

仕事風景

オフの日は何をしていますか?

お酒が好きなので呑みに行くことが多いです。隠れ家的な名店を探してます。

就職活動中に苦労したことを教えてください

自分は出身が長野県だったので、地元に戻って仕事がしたいと思って就活をしてました。大学が千葉にあったのでとにかく移動が大変でした。
自分の研究は植物を扱っていたので、新幹線に鉢植えを持って乗ったこともあります。結構恥ずかしかったので今でも覚えています。

どんな学生時代を過ごしていましたか?

誰もやらない様な事がしたくて、千葉県を友人と一緒にママチャリで一周しました。苦手なことは授業と研究でしたが、仲間に助けられてとても充実した学生生活だったと思います。

どんな人が丸善食品工業の仕事に向いてると思いますか?

自主性がある人が向いてると思います。自分の考えを自分だけのものにせず、伝えることが大切な仕事だと思います。

就職活動中の学生の皆さんに一言お願いします。

沢山の企業があって、企業選びが大変だと思います。自分の中で譲れない部分は譲らない事が大切です。
社会人の卒業までは長い道ですので、企業ひとつひとつしっかり見て選んでいくようにしてください。少しでも気になる事がありましたら、ぜひ会社訪問に来てください!!

1日のスケジュール

1日のスケジュール

8:30出社・メールチェック

グループ会社やお取引先からのメールを抜け目無く確認します。

9:00技術課会議

クライアントの要望を課内全員で共有します。

11:00現場担当者と打ち合わせ

製造ラインの日産状況や改善が必要な点を協議します。

12:00昼食・休憩

他部署の同期と社員食堂へ。会話も弾みます。

14:00商談

企業担当者様と新規OEM製品の打ち合わせを行います。

17:00事務作業

設備機器メーカーから届いた製造ラインの書類に目を通します。

18:00終業・帰宅

帰宅後は、趣味のランニングで汗を流します。

社員インタビュー一覧へ戻る

Copyright©丸善食品工業All Rights Reserved. - [login]